マインドコントロール

2018年05月21日

主旨は、加害者達が威力業務妨害と産業スパイなどを行い、無償で大企業の業務を手伝います。
その対価として、不正にインサイダー情報などを得ることです。


工作員達は、社会不適合者であり、知能指数が低いです。その為、業務内容を一切理解する事は出来ません。

執拗に、下記の手口を行い、被害者を騙せたか?と確認をします。
社会不適合者の犯罪組織は、社長、上司、先生役に扮し、音声送信を行い愉しんでいます。
粘着の性格の為、洗脳をさせる為、人体に狙撃を行い音声送信を行い、俺が仕事を教えたと主張します。
手口は、一般人の幼稚園児にも出来ますが、五感盗聴を行ってから、音声送信を行うのみです。
※2017.12.22~2018.5.20 一切業務に関与されてません。

本物の低能が犯罪を犯しておりますw
現実逃避の低能キチガイ達が集まり、上場企業の物件を妨害しながら、優越感を味わっております。

------------------------------------
その手口とは。
音声送信と同時に銃撃を行い、症状を作り出します。まず、血栓を作り上げ思考欠如を引きおこさせる。次に筋肉が硬直する変動波や狙撃を行う。


その他は、工作員が入れ替わりながら、始業から深夜まで頻尿~失禁を伴う排泄狙撃を行う。

始業と同時に、思考欠如を引き起こす銃撃を行う。

次に被害者の思考を永遠と読み上げて、業務内容を音声送信し始める。

全て被害者が発想した後に、音声送信を行います。

虚言音声送信「僕が教えている。確かに僕が教えた!俺の方が早く言った。俺が考えた後にお前が考えた。俺が言ったか、お前が発想した。」
「確かに教えて来た」
「だから、僕が先生だ」
「今、妨害している企業の社員に成れると、お前から、言われた」
と虚言を送信してます。

中学生の女工作員に向け「僕って可愛い?俺は先生だ!草加の女性に捧げる!フォー」

その後、「あかちゃん?」「中学生か?」「自分で考えろ!」「ロボット?」「お前は馬鹿だ」「俺の方が賢い」「草加の方が賢い」などと90~180分に渡り続きます。


工作員が入れ替わる為、同様な手口で永遠と加害を行います。
この手口は2015年より続いております。


最近の言い訳

「創価学会はマニュアルを更新しない」

「俺の手口にケチをつけるな!」
「早く洗脳されろ。インサイダーの言い訳が出来ない」

中学校時代に虐めに遭っている主犯の能力は、小学校生程度です。本物の馬鹿です。
この自己洗脳音声送信は、加害組織の後輩(小中学生)と、被害者に向けて発信してます。

低能の馬鹿は、インターネットの閲覧者を欺く工作としても利用してます。