憲法記念日

2018年05月04日

社会不適合者は孤独主犯は、社会不適合者の無職で誰にも相手にされません。喪失状態の加害者は、毎日被害者の脳に向けて、一人会話を行い続けております。


工作員の加害者達加害者達は、携帯電話の周波数帯域を利用した武器を利用して、ターゲットの私生活や業務を覗きながら、犯罪に当たる仄めかし行為を行ってます。


ストレス社会に生まれた遊びで有り、個人的な腹いせ行為でも有ります。

突然被害に遭うと、既にターゲットにされ覗かれていた事に気付きます。この犯罪組織は、複数の加害者で犯罪を犯します。


連帯で責任を負わせることで、罪の意識を分散し犯罪意識を排除しています。マスコミ工作員は、共同新聞社達や、放送局の社員、制作会社、出版社、タレント、などです。

組織に属しれ連帯で犯罪を犯し続けます。


被害者の抽出法など工作員の加害者は、視聴エリアからターゲットを抽出して加害を行います。

ネット情報では、文句を言いながら視聴すると、ターゲットにされるそうです。


彼らは、視聴者を家畜と見なし放送を行ってます。

常時、人を欺く仄めかしを行い続けると、腹が黒くなります。人相も変化せず、可愛い声して、平然と仄めかします。

仄めかし番組は、工作活動の最終段階で行われます。


ターゲットにされた被害者の人生を破壊する為、精神病に仕立て、社会から抹消致します。マスコミから仄めかされると、キチガイ扱いされます。

犯罪を犯しても反省しないスタイルの為、国内でも被害者が多数かと思われます。

永遠と視聴者数を減らすとゼロに成りますので、増やす事も考えている様です。

被害者の口封じを行ってから、マスコミのイメージ向上に努めます。数の原理ですが、視聴者、購読者が多いと、影響を与えます。


工作員は、情報で国民を扇動し、国民を欺きます。マスコミ達が都合が悪いと、口を揃えて一斉に喚き叩き潰しに掛かります。工作員達は、工作活動により社会に悪影響を与えますが、自身の暮らしが大切な為、保身を図ります。


被害者は個人ですので、マスコミと創価の工作員が、付け上がります。常に法律を逸脱し、武器を利用して強気に攻め続けられます。